全国規模のスポーツ大会に関わる
大量・多種の印刷物も、
編集からワンストップで対応
公益財団法人 日本体育協会様

ご依頼内

大会運営だけに専念できる
環境づくりを手伝ってほしい

競技志向の高いシニア世代を対象とした総合スポーツ大会「日本スポーツマスターズ」に関わる、様々な印刷物の編集制作業務について、一括して請け負って欲しいというご依頼でした。
その中で、できるだけ協会担当者の印刷物制作に関わる負担を軽減したい。その分を大会運営に専念したいという話がありました。

ご依頼内容

たくさんの人が関わる中での
責任と舵取り

「日本スポーツマスターズ」の競技数は全13競技。それぞれの競技に競技団体が存在し、日本体育協会の担当者様の他、それぞれの競技団体の担当者様と、直接原稿などのやりとりを行います。

「PRチラシ」「PRポスター」「総合・競技別プログラム」「競技別実施要項」「大会報告書」など、多種多様な制作物がありますが、実際にやりとりを行う、各競技団体の担当者様は、この「日本スポーツマスターズ」以外にも様々な業務を平行して推進されているため、安定した進捗の管理や、お客様を不安にしないコミュニケーションをいかにして行うかが課題でした。

課題

提案内

事務局としてのフルサポート

「日本スポーツマスターズ」の事務局として、全13競技団体と日本体育協会様の橋渡し役を、すべて弊社内で代行するご提案をしました。

編集制作から印刷までをワンストップに対応。営業以外に専任の内勤スタッフを設置することで、予測される原稿の遅延や突然の変更事項にも、臨機応変に対応しました。

内勤スタッフが情報を一手に握り、各現場と連携して、常に現状を共有。事前に進捗状況を把握しておくことで、スケジュールに大きな支障をきたすこと無く、スムーズに業務を進行することができました。

お客様に対しても、案件進行中は必ず営業担当が1日2回ご訪問。その都度進捗を共有し、不明点や不安な点を解消するようにしました。

提案内容

ご担当者様の

信頼できる安心感は、
丁寧な対応の積み上げがあるからこそ

2001年の第1回大会から今日まで、「日本スポーツマスターズ」に関する制作物はすべて広研印刷さんにおまかせしています。

毎年同じ専任の営業担当者、関係者の皆さんが一連の流れをきちんと把握してくれていますので、こちらの担当者が代わっても、スムーズに進行ができています。

また、大会開催当日も必ず現地へ足を運び、報告書に掲載する写真撮影のお手伝いなどもしてくれますので、そうしたひとつひとつの安心感が積み重なって、毎年の発注に繋がっているのだと思います。

ご担当者様の声

ページトップ